クロスラインに集まるマクロ系生物ファン

ダイビングの楽しみ方
沖縄にあるクロスラインというダイビングのスポットを紹介したいと思います。

恩納村にあるポイントの一つで、沖縄ダイビングスクール-バグース-でも初心者ダイバーから楽しめるという点で人気があります。

どうしてクロスラインと呼ばれているのでしょうか?

長い年月を経たロープが海底で何本も交差していて、そこからクロスラインという名前が付けられたのです。
そして、ずっと沈んでいたという事から今では魚や生き物が住み着くようになったのです。

砂地ではヤシャハゼネジリンボウオニハゼが住み、イソギンチャク、そこに住むイソギンチャクモエビアカホシカクレエビを観賞する事が出来ます。

そして、ロープに住みつくマクロ系の魚にもファンがたくさんいるので、その魚を観賞する為にクロスラインへ足を運ぶダイバーも多いのです。

サンゴ礁ももちろん観る事が出来、他にはスカシテンジクダイや、キュウスズメダイを観賞する事が出来ます。

ずっと見ていても飽きが来ない程の生き物の豊富さにダイバーは圧倒されてただただ中性浮力を使って眺める事になるのです。
また、シャッターを切り続けるダイバーも多いです。

まだクロスラインに行った事がないマクロ系生物のファンは是非、尋ねてみてはいかがでしょうか?

クロスラインでレア生き物を探そう

ダイビングスポットの絶景

沖縄のクロスラインを知っていますか?
ダイビングが好きであるというのでしたら一度は行っておいた方がいいスポットだと思います。

沖縄に恩納村にあるスポットなのですが、クロスラインは初心者でもダイブが出来る容易なエリアです。

クロスラインと呼ばれるロープが海中の砂地に何本も交差しているので、このように呼ばれはじめました。
このロープは長い年月を経て、今では生き物が住んでいる程です。

どのような生き物が見られるのでしょうか?
出会えたらラッキー!ウミガメ
クロスラインのロープでは、イソギンチャクに住むイソギンチャクモエビやアカホシカクレエビや、ヤシャハゼ、ネジリンボウ、オニハゼが住んでいます。

更に、トップクラスのトウアカクマノミの大家族もコロニーに居るのです。

砂に潜っている大型ヤッコエイはぱっと見ただけでは砂に見えてしまう程隠れる事が上手です。

他でもスカシテンジクダイや、キュウスズメダイなどにも遭遇する事が出来るでしょう。

ロープにはマクロ系の生き物が住んでいるので、珍しい魚を探す事が好きなダイバーや写真家にも人気があるのです。

年期の入ったロープがあるからこそ、見る事が出来る生き物ですので、レアな生き物にも出会えるチャンスは大きいでしょう。

更新情報